スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
SHOCK / SHOCKPROOF 1976-1979
 PLAY THIS RECORD AT MAXIMUM VOLUME!(裏ジャケより)

70年代のLAパンク、ショックの編集盤を買いました。
シングル、ライブ音源、未発表音源、デモに再結成後の音源を収録。さらにバンドの歴史を綴った小冊子が付いてきます。ただし2ndシングルのB面曲「Gone For Good」は未収録だったり、一部の収録曲は過去の編集盤に収められていたものなので若干注意が必要です。

1stシングルの「This Generation's  On Vacation」は70's PUNKの最高峰とされている名曲。荒っぽく単純な演奏の繰り返しなのに勢いがあって最高に楽しい。パンクに興味をお持ちの方は一度は聴いてみていただきたいです。

で、今回が初出となる音源ですが、77年録音の「New Wave Rock」。これはRamonesを意識した感じの曲で凄まじくかっこいい!向こうはNYでこちらはLA。甘味は無く70's Punk的なざらつきがあるところがキラーパンクバンドと呼ばれていた所以でしょうか。
名曲「This Generation's  On Vacation」の未発表バージョンは短いイントロとキュルキュルしたギターソロが付け加えらているもの。若干曲のテンポも遅く、こっちのバージョンで出していたら今ほどの評価は得られなかったかも?

B面3~8曲目までは78年のライブ音源。1stシングルリリース直前とリリース直後の時期のものですが、シングルの曲は一つもなくガレージパンク然とした曲が中心です。正直あまり面白くなく、あくまでも歴史的資料として割り切るべきでしょうか。

ラストは2013年に録音された「I Am Just」。ちょっぴり音が綺麗になってOi Punkに近づいたノリのいい陽気なパンクです。Foo Fooコーラスがまたいい。こんな曲かけるなら新作聴いてみたいなあ!

そして小冊子。バンド結成当時の写真やフライヤー、ドラマーが交通事故で亡くなったことなどが掲載されていてこれまでShockの音源を集めていた人にとってはこれが一番意義のあるアイテムではないでしょうか。

バンドは現在再結成して活動中のようですので、日本に来てくれるよう応援しましょう!

バンドのfacebook
| 70'S PUNK・POWER POP | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
LINK / BUBBLE LAUNCHER
このブログを読んでくださっている方でLINKは昔聴いてたよという方結構いらっしゃるのではないでしょうか。かくいう管理人も高校生の頃よく聴いておりました。聴き込んでいたのは「月面砂漠ローリングロック」までだから彼等の音源に触れるのは12年振りとなるわけで、彼等も長いことやっているわけだけど自分も随分年をとったんだなあと感慨に耽ってしまいます。

さてこのシングルは英語詞の2曲入り。A面の「Bubble Launcher」は単音ギターを取り入れたパワーポップです。シンプルな曲構成と隙間の多いアレンジで、曲名が示すようにシャボン玉みたいな儚げな印象を受けます。LINK最大の売りである柳井さんと小森君のツインボーカルも美しい。
個人的には柳井さんのガラガラ声が昔に比べるとマイルドになってきていてとても耳馴染みが良いです。発声も大分クリアになった気がする。

B面は小森君がメインを張る荒くて暗めのパンク。このブログだとRed Donsとかが近いでしょうか。シャウトが実にかっこよく決まっていますよ。

当時と音楽の趣味が変わってしまったとしても変わらずパンクロックが好きなら手に取るべき音源ではなかろうか。
このシングルをリリースしたのって元銀杏BOYZのアビちゃんのレーベルなんですよね。Life BallにCAR10、現行バンドのコンピ、そしてこのタイミングでGoing Steady時代からの旧友のリリースに男気を感じずにはいられません。
| JAPANESE PUNK | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
VELODROMO / VELODROMO EP
イタリアのMy Bloody Valentineタイプのシューゲイザーバンドのデビュー音源。

よくいるマイブラ系のシューゲイザーバンドなのですが、注目したいのが2曲目の「Gemini」。Lovelessのラストを飾った名曲「Soon」を連想させるダンサブルな曲です。マイブラの雰囲気を模倣するバンドは掃いて捨てるほどいますが、Soonの路線を志向した曲を作るバンドは実はかなり少ないのです。しかもこのバンドの場合、本家に無かった独自の気色の悪さを発揮できています。

いっそwhirrみたいな4曲目の路線は捨ててSoonタイプの曲でアルバムを作ってみたら面白いんじゃないか。そんな期待を寄せてしまうバンドです。

bandcamp
| シューゲイザー | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SEAFROST / ECHOICS
アンビエントに、曖昧に、響き揺らめくトレモロギターと甘いメロディもいいけれど、蒼く爆ぜる轟音こそがシューゲイザー!そんな諸兄に朗報です。

こちらのニュージャージーのSeafrostはRideやSwervedriverの影響を感じさせつつも、90年代のノイジーなギターロック大好きです!という素直な気持ちが伝わってくる音楽性。歌声もまた90年代の雰囲気をもったいい声です。

ギターのメンバーは一人だけながらもなかなかにセンスを感じさせるプレイヤーで、ゴリッとしたギターリフ、トレモロにアルペジオ、ソロとかなり工夫を凝らしています。特に哀愁を孕んだ曲でのプレイは見事なものです。スピード感に頼らずともドライブ感を生んでいるドラムもかっこいい。

ただ不思議なことに曲のクオリティは高いのにどうも印象に残らない。
この感じ、例えるならフランス映画を観ている時の感覚でしょうか。退屈なシーンが続くけれど、つまらないというわけではない心地よい退屈さ。ラストの「Rain」なんて二部構成かつ9分の大作ながら一気に聴かせる凄い曲なんですけどね…。そこはフォロワーバンドの可愛らしさと僕はとりました。
ライブ音源かと思ってしまったほどバランスがおかしい録音も独特過ぎる。

なんだか褒めてるんだか貶してるんだかな文章になってしまいましたが、僕個人としてはかなり気に入っていて今年のベスト候補だったりします。Swervedriverの新作が気に入った人、90年代のギターサウンドが好きな人は聴いてみてね。

bandcamp
| シューゲイザー | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
その中を、非情で利己的なおれが走りまわる。
10年以上使っているMDコンポの挙動がおかしくなるし、iTunesアップデートしたら使いにくいし、オマケにlast.fmに反映されないし、パンクロックは聴く気が全く起きないし。

音楽を聴く環境は悪化する一方で、どういうわけかレゲエやジャズをせっせと聴きこんだりと迷走する日々です。


買ったもの

Swervedriver / I Wasn't Born To Lose You
18年ぶりの新作。「奴等が帰ってきた!名盤Raiseの感動よ今再び!」みたいな意気込みは全く無く、落ち着きはらったボーカル、多用されるアルペジオからは繊細な印象を受けました。
心地いいけどイマイチ印象に残らないメロディーとか、ぼーっとしながら聴く分に適しています。テレビジョンのカバーも取り敢えずやってみましたって感じですけどハマってますし。過去作全部傑作でしたけどこのアルバムも独自の魅力があってすごくすごーく良いですよ。
ただこのアルバムが発するあまりの90年代臭、ヤングなシューゲイザーファンはどう感じるんでしょう…?

Young Guv / Ripe 4 Luv
待ってましたBen Cookさん。Yacht Clubでやっていた80年代お洒落ポップスをヤングガバーナーでもやってくれています。全体的におバカなノリが目立つんですけど、「Crawling Back To You」なんてこれまで誰も聴いたことがない、この人にしか作れない音楽だと思います。Ben Cookさんの才能駄々洩れな名盤。僕はあなたに一生付いていきます…。

Ilya Beshevli / Night Forest
ロシアのポスト・クラシカル。2014年作。このジャンルでも特異な気品を感じるメロディーにやられました。密室感も薄く、迫力ある音で迫ってくる。フィジカルリリースが無いようでダウンロードで購入。オススメです。

Matthew Halsall / Fletcher Moss Park
ツイッターで流れてきたジャズレーベルのGondwana Records。看板アーティストらしいMatthew Halsallさん。ド素人の僕にもわかるハイレベルで美しいジャズにウットリです。理解できなかったジャンルが楽しめるようになるのはとてもワクワクしますね。

Matthew Hallsall & The Gondwana Orchestra / When The World Was One
こちらはMatthewさんと所属レーベルのミュージシャンによるアルバム。こっちのが好みですね。「Kiyomizu-Dera」は日本的情緒溢れる奥ゆかしい一曲。必聴。

Hieronymus / Space Coast

Pale Rider / POST+

Phased Enity + Echo Wanderer / Phased Enity Meets Echo Wanderer
カセットレーベルのPDXINDUBのサブレーベル?のPDXINDUBTING!からリリースのダブ。以前から気になっていまして、3作目のこの作品が気に入ったのでついでにと過去作も買ってしまった。Cassette…Cassette is God!



英雄*戦姫GOLD パーシヴァル 1/4 完成品フィギュア
320mm…。猫ぐらいの大きさだそうです。この英雄戦姫シリーズのフィギュア、実は2体義理で買ったんですが表情の出来がイマイチでそれきり買わなくなりました…が、これは表情含めて一番出来がいいですね…。
しかし、うーん、320mm…。こういうのを所持するのはポルノよりもアレな感じがして悩みますねえ。今更?迷いを振り払ったお金持ちの諸兄はどうぞ。予約殺到らしいぞ。
| 雑記 | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
細やかな願い
ART-SCHOOL聴いて感想つぶやいたらフォロワー3人にブロックされました。
斜陽」のイントロを聴いてアレ?俺この曲聴いたことあるぞなんだったっけなー?と首を捻っていたら分かりました、Sloppy Joeの「Don't Take A Fave Of Mine」だ!
似てる…?似てない…?うーん…。この曲も斜陽の元ネタと言われているSwan Diveの曲の借用なんですかね?ART-SCHOOL聴いて一番興奮したのがこれっていう…。



毎年お馴染み「みんなのベスト」に参加させていただいて、よし次はこのバンド買おうと見繕っていたはずが、ハイパーイナフの経営がいよいよ危なくなってきたとかEastern Youthの吉野さんがインタビューで幾ら歌ってもちっとも儲からないとか、あんまりなニュースが続くものでついついそっちにお金を費やしてしまった。お許しください!

このところ買ったもの

Eastern Youth / ボトムオブザワールド
10年くらい前からEastern Youthの作風は孤独感や人生の無常を歌うことから都会で生活する男の歌へと変わっていったんですが、僕はどうしてもその路線が好きになれないんですよね。このアルバムもやっぱりそんな感じで何曲かは良いけど、あとはちょっとなーっていう。「365歩のブルース」からはアルバムを買っては落胆するばかりで追っていくのが辛いんですけど、最後まで付き合うのがファンの務め。5月には仙台でライブがあるので行ってみようかと思います。

吉村秀樹 / Selected Solo Works
ブッチャーズ吉村さんのソロ作を集めたもの。Storyの弾き語りはバンド版より好きです。マニア向け。

Florian Pellissier Quintet / Biches Bleues
ジャケットが良くて買ったジャズのアルバム。タイトルはマイルス・デイビスのアルバムのもじり。ジャズの良さが全然わからない僕なのですがこういう静かでメロディーのあるジャズっていいですね!ここからジャズの魅力を探っていこうと思います。

Tuff Scout / Tuff Scout Inna London Dub
ジャケットに惹かれて買ったダブのアルバム。レゲエはわからないけどダブはイケます。ちょっと高かった…。

Late Show / Portable Pop
ハイパーイナフのセールで。カセット版。一時期こういうパワーポップを夢中で追いかけていたのに最近は全然聴かなくなってしまった。

Dwarves / The Dwarves Are Younger and Even Better Looking
ハイパーイナフのセールで。Dwarvesの6作目?の再発盤。Dwarves史上でもかっこいい部類に入るジャケットではないでしょうか。

Dwarves / The Dwarves Are Born Again
ハイパーイナフのセールで。12作目。カセット版。一貫してDwarvesだとわかるジャケットいいですね。

Sonic Surf City / Life's A Beach

Sonic Surf City / Surf Don't Walk

Sonic Surf City / Tune In Turn On Wipe Out
ハイパーイナフのセールで。3枚とも友達のプレゼント用に。
| 雑記 | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2014年のシューゲイザー色々
2014年にリリースされたマイナーどころのシューゲイザーの音源をつらつらと。海外サイトの記事丸パクリググっても日本語記事が出てこないものが多めです。

☆★☆シングル☆★☆

Static Daydream / The Only One
Ceremonyのメンバーが関わってるテキサスのシューゲイザーバンド。これがもう全盛期のCeremonyを彷彿とさせる、燃え上がるようなシューゲイザーが僕の胸を焦がす!(意味不明)アルバムが待ち遠しい素晴らしいルーキーですね!

Psychic Hearts / Spiritual Dawn
チャプターハウスのアーティスト写真パクったようなジャケですね…。チャカポコリズムボックスが特徴のダークウェイブ。A Place To Bury Strangers好きに。

I Am Your Captain / As My Heart Rate Slowly Drops
解散してしまったAir Formationのベースのソロプロジェクト?とかなんとか。
Air〜はひたすら眠いシューゲイザーでしたが、こちらは気持ち程度のメランコリックなメロディーを鳴らしています。地味ながらもちょっと愛おしさを感じるバンド。name your priceです。

Necktarium / Tangelina
Dreamy Post-Black Metalだそうです。不気味で美しい。

Follow The Sea / Sibirian
スウェーデン!タイトル曲かっこいいでよ。

No Wave Cinema / Pace
ニューヨークのバンド。フリーダウンロードです。アルバムも出してます。それにしてもこのバンド名はどうだろう…。

Miserable / Dog Days
カリフォルニアのバンド。ノスタルジックなサマーって感じですか(意味不明)。サーフ色はないです。

The Starlight Run / Angels Are Ok
ミシシッピのシューゲイザー。三作目のようです。耳が痛くなるような電子音混じりのシューゲイザー。あんまり好みじゃないけどクオリティはまあまあなほうだと思います(上から目線)。

☆★☆アルバム☆★☆

Crisis Arm / Rend
ハードコアレーベルMayfly Records所属のバンドで去年よく聴いたアルバムでもあります。丁度WhirrとNothingの中間のようなシューゲイザーが特徴です。Mayflyの音源はちまちまと日本に入ってきてはいるものの、このバンドはまだ入ってきてないみたいなんですよね。残念です。

Fabrica De Pastas / Luces
とにかく虚ろでチープなシューゲイザーなのですが、楚々としたメロディーにセンスを感じます。なんかのアニメのサンプリング有り。おしゃれ系バンドと思わせておいてロシアのHikiと同路線のバンドなんでしょうか?フリーダウンロード。

The Citradels / Nepenthe
オーストラリアのシューゲイザーバンド。なんだか妙に田舎臭いサウンドです。フルートが入った曲もありますがBlind Mr. Jonesぽさは無いですね。name your price。

Rayos Y Manchas / St
ブエノスアイレスのエモ入ったシューゲイザーバンド。ボーカルがちょっとNARASAKIに聴こえないこともないような…?ジャケット左上はお尻かな?無料。

Dead Mantra / Nemure
これはかっこいい!ポストパンク寄りのサウンドですが、ブラックメタルともダークウェイブとも違った暗さを孕んだシューゲイザーを聴かせてくれます。ゴスいの一言では済まされない厳かな雰囲気が今までいなかったタイプじゃないかと。name your priceです。

Puna / Au Dial
ペルーのラップトップ系シューゲイザー。Swayのような完成度は無いですが、電子音の眩いノイズが好きな人はぜひぜひ。

Papa Steve / Dumb & Dumber And Other Summer Songs - Collection
オハイオのパンク、シューゲイザー好きのナード兄ちゃん。メロコアから最近のシューゲイザー、ヒップホップやポップスまで幅広くカバーしてます。この音源ではNothingのカバーが聴けます。無料です。

Nullingroots / St
アリゾナのブラックメタルバンド。Panopticonが好きなのかな?name your price。

Deepfieldview / St
コクトーツインズ、ラッシュ、カーブのいいとこどりのようなシューゲイザーバンド。お耽美サウンドに力強いダンスビートが滅茶苦茶かっこいい。これは万人にオススメ出来そう。

☆★☆コンピレーション☆★☆

V.A. / The Active Listener New Shoegaze Sampler
シューゲイザーブログのコンピ。Jetman Jet TeamやSeasurferなどSaintmarie所属のバンドが多め。初っ端のDead Leaf Echoがいきなりかっこいいんですけど、こんなにいいバンドでしたっけ?化けましたね〜。name your price。

V.A. / Dreams Burn Down
Rideはあんまり関係なさそうです。有望株多し。無料。

V.A. / Pianos Definitivos Secuencias Infinitas
ペルーのバンドを集めたコンピ。最も有名なバンドだとLoomerかしら?Trementinaの透き通るような少女ボーカルが素晴らしいですねえ。ペルーのシューゲイザーシーンの凄さを感じさせてくれるナイスなコンピ。流石Resplandorを産んだ国だぜ!これは有料。


他にもツイッターでつぶやいたバンドがいたような気がしましたが、もう忘れました。
bandcampのshoegazeタグ巡りは苦行でしかないので1つでもビビッときたバンドがいたら嬉しいなって。
| 特集 | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2014年ベスト
                         
 
「一口では言えん、とにかく俺を信じろ」





続きを読む >>
| 特集 | 22:56 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
YACHT CLUB / BURNT CREAM
 Fucked Up、Marvelous Darlings、Young Governorで素晴らしいパンク・ハードコアのセンスを見せつけてくれたBen Cookさん。控えめに言っても天才なBen Cookさんですが、こちらのプロジェクトでもその天才ぶりを見せつけています。

このYacht ClubはBen CookさんとMatt Delongという方のユニットで、先述したバンドとはまるで異なるお洒落なソウル、シティーポップをやっています。

リードトラックであるA面1曲目の「Cold Wind From Fools」のウィスパーボイスにもうウットリですよ!!!とてもパンクバンドのシンガーとは思えない美しさと儚さです。続く「Picture Perfect」も寂しげな美しさ漂うポップナンバーでグー。夕暮れに聴くとモアベターですね。
B面はソウル色が濃いのでガチのパンクリスナーにはちょっときついかも…。いい曲ですけども。

アルバムこそまだですがリリース数はそこそこに多く、リリース時期やライブ動画がアップされたタイミングから察するに活動開始時期はおそらく2012年以前でしょうか?昨今の日本におけるシティーポップの大流行を予期していたといいますか、呼応したといいますか、はたまた時代に選ばれたといいますか…。

Ben Cookさんの音楽的背景を知るうえで避けて通れない音源ですが、そんなの抜きにジャンル問わず沢山の人に届いてほしい素晴らしいシングルです。今年のベスト確定!
日本では原宿のレコード屋Big Love Recordsさんで購入可能です。なんと12インチ、カセット、VHSの三種類!

What's Your Sadness
| INDIE POP・ROCK | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MAC BLACKOUT BAND / ST
ソロやグラム系パンクバンドのMicky、その他数多くのバンドで活動中のMac Blackoutさん率いるその名もMac Blackout Bandの1stアルバム!サイケデリックに爆発したジャケットはMacさん御本人によるものです。リリースは近年盛り上がっているガレージ・プロトパンク系レーベルのPelican Pow Wowから。

Jay Reatardをはじめとするメンフィスパンクを引き合いに出されているように根底にブルースがあるパンクロックなのですが、アンダーグラウンドであることを強調するかのようにガビガビの音質です。

しかしこれがかっこいい!!いやがおうにも聴く人を限定してしまうドラッギーでメタメタな音像ながらも、ひたすら弾き倒すリードギターとリフはキャッチーでヒット性すら感じさせます。
ばいきんまんを連想させるMacさんのシャウトとヒロイックなメロディが熱い「I'm In Love With You」、一転してズルズルのイントロが不健康な雰囲気でいっぱいの「Heartbreaker」あたりは特にインパクトのある曲でしょうか。
キーボードとコーラス担当の女性メンバーもいます。メインボーカルを張る「Venus」は非常に呪術的。アルバムの中でも異様な存在感を放っています。

モーターヘッドやブラックサバスのような小汚いロック、ドゥームロックのファンならまず間違いなく楽しめるでしょう。個人的には「水より、酒より、ストリキーネ」と歌い、「The Witch」なる曲をプレイしていたソニックスに通ずるものがあるような気がします。魔術的っていうんですかね。そういう意味では王道を往くバンドなのかもしれません。

決して懐古ではなく現在進行形のスリルのあるバンドです!名盤じゃあ〜!!!

bandcamp
| GARAGE ROCK | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

ブクログ

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS