<< 2015年ベストアルバム | main | ROTTEN MIND / I'M ALONE EVEN WITH YOU >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
SCUM OF TOYTOWN / CELLS


2015年リリースの見逃していたかっこいいパンクのレコード。UKのアナーコパンクバンドの2ndアルバム。その活動歴は古くなんとこれが20年ぶりのアルバムになるのだそうです。

スカ〜ダブのリズムに暗い哀愁メロディーが乗るパンク。女性ボーカルの声質はこのジャンルにありがちなタイプですが、パンクと言うよりもむしろフォーク歌手的な落ち着きと慈愛を感じるのが特徴です。機関銃のようなドラムに引きずるようなベースの重厚なリズムが強烈。リズムパターンの引き出しも多くこれだけでもおおいに楽しめます。

お気に入りの曲は「Come Die With Me」。ブレイク時にモスキート音を入れるのってなんかすごい斬新!アルバム後半へ進むにつれイギリスらしいどんよりとした雰囲気から民謡調のメロディーが強調されていくのはジャケットのロボットが徐々に民族性を取り戻していくようでなんか示唆的だなあと。ただの深読み?

2016年もこういう暗いパンクを聴いていきたい。

bandcamp
| 2010'S PUNK | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:26 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vitamine-snhd.jugem.jp/trackback/319
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

ブクログ

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS