スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
映画の記事でつ
こんばんは。最近は記事を書こうにも全く筆が乗らず、書いては消し書いては消しで更新が滞ってしまいました。嬉しさのあまり一日に3~5件くらい更新していたブログ開設当初が懐かしい。
ところでGentleman Jesseの新作すごくいいですね。今年のベストクラスの音源だと思います。少しずつレビュー書いておりますのでそのうちアップ出来たらと。よかったらまた覗いてみてください。

でもって今回もまた誰にも期待されていない管理人の自己満のコーナー、映画の感想です。
ネタバレがあるので注意してくださいね。


ザ・ウォード/監病棟禁
「オチ読め過ぎ」ということで評価が低いカーペンター最新作。視聴者を驚かせるポイントも予想通りの展開で、逆にホッとしてしまうのはホラーとしては本末転倒なのですが、登場人物は皆キャラが立っていますし音楽はやっぱりカーペンターのそれで、押さえるべきところはしっかりとしています。確かに「ゴーストハンターズ」とか「ゼイリブ」のようなギミックは無く地味ですが、このソツの無さはむしろ「ハロウィン」のような正統派ホラーへの回帰的な映画といっていいんじゃないでしょうか。元々箱庭的なスケールの映画を作る人なので閉鎖病棟という舞台も合っていると思います。まだまだ御大は健在ですよ!また映画作ってほしいです。
カーペンターといえば「遊星からの物体X ファーストコンタクト」のトレーラーが公開されましたね。こちらも楽しみにしています。


ハチェット アフターデイズ
殺人鬼ビクター再び。今回はしっかり斧を使ってくれていて前作の不満を解消した内容になっています。随所から監督のアダム・グリーンさん(映画冒頭でカメオ出演してます)のホラー映画への愛が伝わってくる良作ホラー。あと彼の監督作「フローズン」のキャラがチラッと出ています。それとヒロイン役の女優さんが代わっていてちょっと違和感あるんですけど、「恐怖のあまり老け込んだ」と解釈すれば気にならないかと。
ネタバレ→トニー・トッドが銃を持ってるのにもかかわらず、何故か素手で斧を持ったビクターに挑んで殺されるシーンがありましたが、あれは「ジェイソン N.Y.へ」のジェイソン相手に素手で戦って殺された黒人少年へのオマージュですよね?←ここまで反転。


バスケットケース
言わずと知れたフリークスムービーの傑作。奇形の兄貴が弟の彼女を殺すシーンが有名ですね。ホント、やるせない映画です。


狼よさらば
デ〜スウィッシュ!ブロンソンの映画をみるのはこれが初めてです。ブロンソンはあまり感情を露わにせず、静かに怒りを燃やす復讐者を熱演しています。
いろんな映画でニューヨークの地下鉄の無法地帯っぷりがテーマになりますが、この映画からも当時の夜のニューヨークの恐ろしさが伝わってきます。それとポール・カージーをはじめ登場人物がみんなお洒落なのも舞台がニューヨークだからなのでしょうか。
タイトル忘れたけど、タランティーノの映画で「ポール・カージー気取りか」ってセリフがありましたね。何人の人がブロンソンを思い浮かべたのかは謎ですが。


フロム・ダスク・ティルドーン
予備知識無しに観たら目が点になりました。ここまで頭の悪い映画を観たのは久しぶりです。よく見たら役者陣滅茶苦茶豪華なんですよね。ジャケット右上のタランティーノも強盗で性犯罪者の基地外という美味しいキャラ。「プラネットテラー」でもアレな役をノリノリで演じていましたっけ。おすすめ。


処刑惑星
まったく期待せずにレンタルしたんですが、ここ最近で一番しびれた映画です!ボバ・フェットとアイアンマンをガッチャンコしたようなスーツがとてもカッコイイ!低予算にもかかわらず大胆な程に詰め込まれた裏設定は、下手をすると世界観をさらに縮めてしまう危険性を孕んでいますが、この映画は上手く作用しています。是非とも次回作が見てみたいです。砂と岩だらけの渋い映画ですがオススメです。ヒロイン?も萌えます。


ドラゴンボール エボリューション
「アメリカ版ドラゴンボール」と割り切ってしまえば楽しめるんじゃないでしょうか。ブルマは可愛いし、ホイポイカプセルのシーンは素直にワクワクしました。


ドラゴンバトル エボリューション
ドラゴンボールエボリューションと間違えて借りてきてしまったんですが、開始10分くらいしてFBIがどうたらという話が出てくるまでパチモノということに全く気が付きませんでした。モンドっぷりが凄い。おすすめしません。


ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌
ハリウッド版DBのチョウ・ユンファにゲンナリした貴兄に捧げる最高のお口直し映画がこちら。この映画ではマフィアではなく警官役ですがやってることはシリーズと一緒。アクションが今までより派手になったかな?前半はマフィア映画で後半はダイ・ハード。結構長い映画ですが退屈はしません。


デス・レース2
名作B級映画「デス・レース2000」のリメイク版の2作目。今回の主役はジェイソン・ステイサムではありません。ストーリーは主人公フランケンシュタインの誕生秘話。改造車!筋肉!美女!と正にアメリカ映画らしい映画です。元々1もオリジナルの不謹慎要素がバッサリカットされていて、オリジナルのファンとしては物足りなさはありますが、何も考えずに観れる楽しい映画になっています。


スクリーム4
本国では大コケだそうですが、シナリオ・オチ共に無茶苦茶だった3に比べれば随分マシだと思います。スクリームシリーズ初心者の方は1だけ観ていれば大丈夫です。
ネタバレ→殺害現場をネット中継するというのはいかにも現代的なのですが、どうせやるならネットユーザーがそれを観て喜ぶシーンくらい入れても良かったのではないでしょうか。殺害シーンがナイフで刺し殺すだけという芸の無さは、仮にも一時代を築いたホラー映画としては致命的ではないかと。
でも良いところもあるんですよ。それはシナリオ、といいますか犯人の動機なんですが。「注目を浴びたい」という理由で人を殺す頭のいかれた美少女に加担して殺人を犯す、というのはある種ホラー好きのボンクラ共通の夢であり、キスまでして最後には彼女に殺してもらえたホラー映画オタクの共犯者チャーリー君は最高に幸せ者だったと思います。
逆に一番悲惨だったのがジルの元カレのトレヴァー。ジルとヨリを戻したがってる空気の読めない馬鹿というキャラで、最後は犯人に仕立て上げられ金玉を撃ち抜かれて殺されてしまうというトホホな役回り。
ちなみに吹き替え版の声優も豪華で犯人のジル役の日笠陽子さんのブチギレ演技も見どころであります。

もうひとつ良かった点がありまして、それはスクリームに限らずホラー映画の犯人はテレポーテーションしているとしか思えない程に神出鬼没なのですが、今作では犯人は実は2人組の仕業だったということできっちり説明付けがなされているのも誠実でいいなと←ここまで。
そんなに酷い映画ではないのでスルーしないで観てほしいです。


(500)日のサマー
インディーロックファンやサブカル好きから絶大な支持を集めていた映画。純粋に楽しむというよりも、クソミソにこき下ろしてやろうという不純な動機で借りてきたんですが、これがいい映画でドキドキしました。いいなと思ったシーンは主人公がヒロインの気を惹くためにスミス(違うバンドだったかも)をわざとらしく大音量で流すんですけど、全く気にとめない彼女に不貞腐れるところ。非モテの僕にも「わかるわかる!」と共感するところが多くて甘酸っぱい気持ちになれること請け合いです。音楽の使い方も巧く、この手の音楽好きにありがちなスノッブ臭さが無くおしゃれな映画になっているとおもいます。


ザ・クレイジーズ
ジョージ・A・ロメロ監督のウイルスパニック映画。プロット自体は全く新鮮味はありませんが、事故を隠ぺいしようとする軍、ウイルスに感染していく民間人、街からの脱出を試みる主人公パーティーそれぞれの勢力が猛烈な勢いで狂気に飲まれていく様は鬼気迫るものがあります。「ゾンビ」の原型ともいえる暴力的な映画です。是非観ていただきたいです。


クレイジーズ
でもってこっちはリメイク版。悪くはないです。


とまあこんな感じ。音源のほうもネタは溜まってますのでぼちぼち更新します。エロゲーばっかやってるわけじゃないんだぜ!


追記:ネタバレ反転したはずが全然反転されてませんね。いろいろ試してみましたがもう眠いので、このままにしておきます。「どうしてくれるんだ!」って人はこれもまた人生ってことでどうかひとつ(無責任)
| 映画 | 03:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画!
えー、先日「Alcestその他種シューゲイザーをとりあげるよ」と予告しておりましたが、
今日予約していたCD屋から「Alcest国内盤発売延期」の電話をもらったので、
急遽予定を変更して最近観た映画の感想という自己満足と自虐のコーナーとさせていただきます。どうなってんのよネージュさん!?

例によってネタバレ全開なので注意してくださいね。


ムーンライト・オブ・ザ・デッド
「ドイツのジョージ・A・ロメロ」という煽り文句が売りのゾンビ映画。ゾンビ映画って大抵しょうもない出来がほとんどで、そういう煽り文句も大概ウソだったりするんですけど、
ドイツのオラフ・イッテンバッハというボンクラが撮った「新ゾンビ」が
「ブレインデッド」の流れを汲んだ傑作スラッシュ・ゾンビ映画だったので、
これはひょっとするとひょっとするかも?といった感じでレンタルしてきたんですが、
これがフォローしようのない糞!

カメラワークは最悪。時系列が滅茶苦茶の編集に加え登場人物が突然現れたり消えたりするので何が起きているのか全く分かりません。
開始15分くらいで現状とこれから起こるであろう惨劇が
おどろおどろしくラジオから流れ出すんですが、視聴者へのフォローのつもりなのでしょうけど、ものの数分で振り落とされます。
ラジオを聞いた直後の「頭の中がぐちゃぐちゃだわ!」というセリフが
この映画の本質を突いていると思います。


ムーン・オブ・ザ・デッド
 ムーンライト〜だけ借りてムーン〜を借りないのもどうかと思って借りました。
「ブレアウィッチ・プロジェクト」の監督らしいです。
とにかく画面が暗い。ムーンライト〜よりはましですが、特に見どころも無いです。
ブレアもつまらなかったけど、これもつまらない映画。


ゾンビハーレム
「ショーン・オブ・ザ・デッド」路線のコメディタッチのゾンビ映画。
配給はアルバトロスだし、ムーン2作で爆死寸前だしで全く期待せずに観たんですけど
これは面白かったです!もちろん普通の映画の基準で面白いといえる出来ですよ!
女だけゾンビ化するウイルスによってゾンビだらけになった村に旅行に来てしまった
ダメ男達の奮闘が笑えて泣けます。ゾンビ映画らしくないオチも良かったです。オススメ。


ハチェット
オープニングでマリリン・マンソンがガンガン流れる13金の影響が色濃いホラー映画。
「人間乱伐!!ジェイソン、フレディ、マイケルに続く伝説の殺人鬼ビクター誕生!!」
というコピーなのに、ビクターは犠牲者を怪力まかせに引き裂くばかりで
斧を使った殺人はたった1回きりという残念な殺人鬼。
ただビクターはダメージを与えれば怯むので、その間に逃げる時間を稼いだり
トドメを刺す算段を立てたりと、その辺はゲーム的で良かったです。
エルム街シリーズのロバート・イングランド先輩がカメオ出演していますし、
ゴア描写もかなり気合が入っているのでホラー映画ファンは必見ですよ。


男たちの挽歌
たまにはまともな映画も観てみようと思い借りてきました。
女子供にはみせたくない…そんな漢の映画。2億万点!


男たちの挽歌2
前作を上回るバイオレンス描写のおかげでご都合主義も全く気になりません。
1とセットでどうぞ。


狼 / 男たちの挽歌・最終章
続編でも外伝でもない別の作品ですが、2に出ていた俳優さん達も結構出演しています。
特にオープニングのガンアクションが素晴らしすぎます!壮絶なラストも最終章に相応しいものです。1と2だけじゃなくこれも一緒に観やがりやがれ!


男たちの挽歌 A BETTER THAN TOMORROW
つらつらと文句を書いてたらとんでもない量になって落としどころが見えなくなってきたので短めに書きます。
メロドラマになってました。駄目リメイクの典型ですね。
そもそも期待して観たわけでもないけれど、
ニワカの僕ですら憤慨してしまう内容だったので、熱心なファンの方は
観ない方が精神衛生上よろしいかと思われます。


アンチクライストって映画が観たいんですけどTSUTAYAで取り扱ってないんですよねー。
どうしたものでしょうか。

あ、AlcestはAmazonが24時間発送OKになったら買う予定です。でわでわ。
| 映画 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画のこと
なんだか更新頻度が下がってしまいましたね。ここ最近買った音源が今一つピンとこないものばかりだったのと、iTunesの設定を知らず知らずのうちにいじってしまっていたみたいでほとんどの音源が再生出来なくなって凹んでおりました。でもようやくMarvelous Darlingsのシングル集もリリースされることですし、気を取り直して今月は更新を頑張っていこうと思います。
で、今回はこのところ観た映画の感想です。


ドラえもん のび太と鉄人兵団・・・名作ということで観てみました。確かに面白かったんですが、冒頭のスネ夫がのび太に二足歩行ロボットを自慢して、羨んだのび太がドラえもんに二足歩行ロボットをせがむシーンに違和感をおぼえてしまってなかなか物語に入っていけませんでした。のび太にロボット自慢なんてナンセンスだし、のび太ものび太でドラえもんがいるのに何を羨むことがあるんでしょうか。

ホット・ファズ〜俺たちスーパーポリスメン!・・・評判が良かったので気になっていました。主演がショーン・オブ・ザ・デッドのコンビでビックリしましたよ。面白すぎて3回も観てしまいました。燻っている人は是非。

キック・アス・・・1回目の鑑賞の時はオチが納得いかなかったんですが、2回目を観るころには気にならなくなりました。最高の映画だと思います。ヒット・ガール!ディッキーズ!

レディオ・オブ・ザ・デッド・・・『悪魔のいけにえ2』のチョップトップ役のビル・モーズリー先輩が主演のゾンビもの。低予算映画なのでグロシーンや爆発シーンは少ないんですが、ラジオのDJが世界各地の様子を実況中継するという演出は終末感を上手く出せていたと思います。ただ、とってつけたような社会的なメッセージは雑音にしかなっていないのがなんとも。

レッド・コマンダー・・・ドルフ・ラングレン主演のアクション映画。この人の映画は大抵「つまらなくはないけど特に面白くもない」って感じなんですが、この映画も正にそんな感じの映画でした。でも見どころはしっかりあるんです。ドルフがロックバンドのドラマーの役ということで、テロリストをドラムスティックやエレキギターでしばき倒すシーンは滅茶苦茶かっこよかったですよ!
残念なのはドルフがヒロインへ向けて放つ「失礼を承知で言うが、才能があるのになぜダンス音楽を?」という、ダンス音楽蔑視なセリフです。ドルフになんてセリフを言わせるんでしょうか!その後のヒロインの「プライベート・ジェットと5千万ドルの契約金のためよ」というビジネスライクすぎるセリフもどうなんでしょうか・・・。
取り敢えずトレーラー。ドルフのドラムプレイは必見!

スピーシーズ3 禁断の種・・・2までは観てました。なんかSFサスペンスみたいになってしまってとても眠かったです。オチはドラえもんを観ていたせいか、のび太の恐竜を思い出してしまいました。唯一良かったのは2で爆笑したエイリアン同士のセックスシーンをまたやってたこと。血やおっぱいが観たい人は肩透かしをくらうかと。特に観なくてもいい映画。

スピーシーズ4 新種覚醒・・・3より面白いです。特に敵の女エイリアンが尼僧の姿で襲ってきたり、聖書の一節を読み上げながら主人公を追い詰めるシーンはトンチが効いていて、なかなか魅力的な悪役になっていました。エッチも出来て、ボディーガードもしてくれるエイリアンを作り出したフォーブス博士は男の鑑。

バイオ・スピーシーズ・・・『バイオハザード』も『スピーシーズ』も関係ありません。襲ってくるのは「蜂」。キャラを魅力的に描写するのは非常に巧いと感じたのですが、そのかわりアクションシーンが下手すぎて面白さ半減。そのうえドンパチせずにメロドラマばかりやるもんで退屈な映画になってしまったのが残念です。

G.I.フォース・・・クソ映画でも観たい気分だったのでレンタルしたゲーム原作のウーヴェ・ボル映画。が、何をどう間違ったのか良質なB級アクション映画になってました。途中から外しまくりのぬる〜いギャグが入ってくるんですが、それでもちゃんと映画として成り立ってしまっています。B級映画としては楽しめるけれど、ボル映画としては楽しめない困った映画。

夕陽のガンマン・・・百点満点!

夕陽のギャングたち・・・マカロニウエスタンかと思ったら、かなり社会派の映画。2時間30分の長編なのですが、男泣きの映画でした。特にオープニングが素晴らしかった。是非観ていただきたい映画です。

月に囚われた男・・・淡々としながらも最後まで緊張感が途切れることのない傑作でした。音楽も神秘的で怖かった。


こんな感じですかね!というか長いですね!最後までお付き合いしてくれた人、どうもありがとうございます!
| 映画 | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
007 ドクター・ノオ
 「チルドレン・オブ・ザ・デッド」の悪夢から既に2ヶ月が経ちましたが、受けたダメージは深刻だったようで未だに立ち直れません。それどころか口直しにと思ってレンタルしてきた「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」がビックリするほどつまらなくて、さらにトラウマになってしまいました。

「ゾンビ映画やB級ホラー映画ばっかり観ているからいけないんだ。普段敬遠している、万人に支持されている一流の映画なら、きっと一級の感動を与えてくれるに違いない」
一念発起してレンタルしてきました、「007 ドクター・ノオ」。実は007シリーズはほとんど知らなくて、この機会にとシリーズ第一作目をチョイス。で、観た訳なんですが・・・これ、バカ映画じゃねーか!?やべ、間違って違う映画レンタルしちゃった?何度も確認しましたが紛れも無く007でした。

なにがバカって、
・事あるごとに流れる007のテーマ(シリーズ全体がこうなの?)
・ボンドをおびき出すも仲間が遅刻、時間稼ぎのためにボンドと一戦交えるも仲間の到着を待たずしてボンド側にあっさり捕まる女スパイ(アホすぎる)
・「ドラゴン」と呼ばれる怪物の正体が、張りぼてのようなドラゴンを模した車。武器は火炎放射器(散々引っ張っといてこれかい)
・そのドラゴン戦車に拳銃一丁で挑むボンドと黒人のガイド(無謀すぎる!)
・案の定あっさり焼き殺されるガイド(このシーンは笑った)
・放射能を洗い流す装置(ツッコミ不可)
・中国人という設定のボスなのに全然中国人に見えないドクター・ノオ(鋼鉄の腕がかっこいい)
・盗聴器を気にしておきながら、アッサリ睡眠薬入りのお茶を飲むボンド(用心深いのか、間抜けなのか・・・)
・序盤にあれだけ007のテーマを流していたくせに、ラストステージのアジトはBGM無し(とても静かです)

いくら40年前の映画とはいえ、放射能のくだりはどうにかならなかったんでしょうか。なんだかいつも観ているB級映画を観ているようでした。007なのに!

でもこの映画結構気に入っています。舞台が南の島だからか、スパイアクションなのに妙にまったりしたムード。仮面ライダーのショッカーを彷彿とさせる、インチキくさいドクター・ノオ。やっぱり007の影響力って凄いんですよ。という訳で、次はシリーズ2作目をレンタルしてこよう。
| 映画 | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
強大尊敬
 ケン・フォリー主演の「ゾーン・オブ・ザ・デッド」観てみましたよ。率直に言ってかなり楽しんで観れました。

・仲間の感染→ゾンビ化→仲間の手で葬られる
・立て篭もる→馬鹿の身勝手な行動でバリケード破壊、チームをピンチに陥れる
などのお馴染みのゾンビマナーを踏襲しつつ「ドーン・オブ・ザ・デッド」のみならず、「サンゲリア」や「28日後」といったゾンビ映画へのリスペクトが見受けられたのも評価に値するところです。
いまいちだったのは警察署のシーンが盛り上がりに欠けるのと、台詞まわしが退屈なところかな。
次回作があるのか裏設定があるのかわかりませんが、伏線を回収せず投げっぱなしな点も多々あったりしたのもちょっと気になりました。特に冒頭の3人の兵士は何だったんだ?

とはいえケン・フォリー先輩がスクリーンで活躍しているところが観れるってだけでゾンビファンは嬉しいですよ!御体に気をつけてまたゾンビをやっつけてほしいものです。

ところでDVDの新作案内に「アイス・オブ・ザ・デッド」と「ムーン・オブ・ザ・デッド」が収録されておりましたが、この〜オブ・ザ・デッドシリーズいつまで続くんでしょうか。「チルドレン・オブ・ザ・デッド」より酷い映画があるかもしれないと思うと胸が熱くなりますね。

| 映画 | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
チルドレン・オブ・ザ・デッド
 ゾンビ映画なんて大抵しょうもないものばかりなのですが、先日観た「チルドレン・オブ・ザ・デッド」はヒドかった・・・フォローの仕様がないです。軽くネタバレありです。

裏方で有名なトム・サビーニが主演を務めているのですが、この人は出たがりなのか、俳優としてもチョコチョコ映画に出演しています。有名なのだと「ゾンビ」の暴走族の役かなあ。最近だと「プラネット・テラー」にも出てましたね。

でトム・サビーニ目当てでレンタルしてきたわけですが、トム・サビーニは暴れるだけ暴れて15分で退場。主演なのに!映画自体も尻切れでTHE ENDと、詐欺のような内容でありました・・・

低予算ゾンビ映画でも「UNDEAD」はゾンビ映画への愛に満ち、ゾンビ映画の新しい地平を切り拓いた傑作だったのに、どうしてこうも差が出るのか・・・

あとはケン・フォリー主演の「ZONE of the DEAD」はどうなんでしょう?トレーラーを観る限り期待してもよさそうだけどなあ。シスターゾンビに日本刀!シチュエーションはちょっとバタリアンが入ってますね。
あとは「28月後」に期待したいところです。
| 映画 | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

ブクログ

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS